反社会的勢力対応基本方針

反社会的勢力対応基本方針

当社は、以下のとおり反社会的勢力対応基本方針を定め、反社会的勢力の排除及び関係遮断に向けた取り組みを推進するとともに、役職員へ周知徹底いたします。

  1. 組織的対応反社会的勢力との関係遮断の重要性を役職員一同十分に認識し、反社会的勢力からの不当要求等に対しては、経営者への速やかな報告のもと組織的に対応いたします。
  2. 外部機関との連携反社会的勢力からの不当要求に備え、平素より警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等と緊密に連携いたします。
  3. 取引を含めた一切の関係遮断当社は反社会的勢力との取引を未然に防止するとともに、反社会的勢力であることを知らずに関係を有したことが判明した場合には、契約を解除し、また、資金提供その他不適切・異例な取引等を行わないものといたします。
  4. 有事における民事と掲示の法的対応当社は、反社会的勢力からの不当要求がなされた場合には、あらゆる民事上の法的対抗手段を講じるとともに、直ちに被害 届を提出するなど、民事と刑事の両面から対応を行います。
  5. 役職員の安全確保反社会的勢力からの不当要求がなされた場合には、担当者の安全の確保を最優先し、脅迫・暴力行為の危険性が高く、緊急を要すると判断する場合等必要があると認めるときには、警察へ通報する等の対応を行います。
  6. 裏取引や資金提供の禁止当社は、反社会的勢力との裏取引及び反社会的勢力への資金提供は、いかなる事情があっても絶対に行いません。

以上